すべての服は捨てるものでは無く、すべて回収するもの。
そして、生まれ変わるもの。

Withal

ダブルサーキュラーエコノミーという新しいリサイクルを実現。

Withal(ウィゾール)は地球環境問題に取り組む資源環境プロジェクトです。

今、日本では年間約100万トン(約33億着)もの服が棄てられています。

廃棄された衣服のほとんどは、埋め立てや焼却によって日々処分され、

その際排出される温室効果ガスは、地球環境に多くの負担をかけています。

地球の温暖化による気候変動が私たちの暮らしを変化させ、与える影響は甚大です。

住みやすい地球を、この先、未来へとずっとつなげたい。

ファッションの力で環境問題の解決に貢献していく、

withalという「持続可能」な取り組みを始めました。

通常リサイクルとして回収される衣服は、素材によっては再生が難しいと言われています。

回収ボックスが設置されていても、限られた素材の衣服のみで

対象外の素材はボックスに入れることはできません。

環境問題に賛同しようとしても、なかなかアクションを起こしにくいのが現状です。

そこでwithalは提携先にて『withal回収箱』を設置し、あらゆる場所にて

着用しなくなったお洋服を回収致します。

ポリエステルだけ、綿だけなどの制限はなく、すべての混率のお洋服が対象となります。

ダブルキュラーエコノミーとは?

糸へのリサイクルと、圧縮成形した繊維リサイクルボード「RE:BOARD」へのリサイクルという二つの再生が可能という取り組みを実現。

資源の有効活用及び、温室効果ガスの排出量抑制へとつながり、環境を配慮していきます。

Withalは、誰もが身近に地球の未来を考えていける循環プロジェクトです。

①Re:Yarn

衣類回収~リサイクル糸~繊維製品化まで一貫した取組です。

②RE:BOARD

PANECO®︎ RIFMO

原料となる廃棄衣料品(布、皮革、繊維屑など)を圧縮成形した繊維リサイクルボード

使用する繊維(原料)によって色や風合いが異なるのが特徴で、木材に近い強度と加工性をもち、使用後は新たなボードとして再生が可能。

循環型生産モデルを実現する素材として、家具をはじめ、さまざまな空間の内装やディスプレイ什器に使用可能です。

Withal ~ダブルサーキュラーエコノミーの仕組み~

・店頭で回収された衣服は和歌山の作業場で一つ一つ、地元福祉施設様ご協力の元

丁寧に仕分け。

色の選別、混率、不必要なパーツの解体作業などを徹底。

・反毛衣類をバラバラに破砕し、反毛機で生地をほぐして糸に戻す作業です。

・糸にできるものは紡績され「Re:Yarn」としてリサイクル糸に生まれかわり繊維製品化。それ以外はRE:BOARDの材料に。

【料金体系】

年間費0円

従量課金方式なし

箱買取方式なし

1店舗あたり月額利用料2000円~(店舗数に応じて要相談)

RE:BOARD製のオリジナルPOPのご購入をお願いしております。